労働保険について

労働保険事務組合について

労働者の皆さんのための保険制度です。
商工会では労働保険事務組合を設置しています。組合に加入していただきますと、ご面倒な事務手続の委託も責任を持って行います。
■労働保険とは
労働保険(労災保険と雇用保険を総称したもの)は、従業員の福利と経営の安定に欠かせない国の制度です。従業員を一人でも雇用していると加入しなければならないこととなっています。
■労災保険とは
業務上及び通勤による事故が発生した時、労働者の負傷・疾病・死亡に対して災害補償を行う制度です。 事務組合へ加入していると特別加入制度を利用でき、事業主(家族従事者)も加入できます。
■雇用保険とは
労働者が失業した場合に、失業給付金を支給し、生活の安定を図ります。 また失業の予防を図るなど、事業主への各種助成制度があります。

労働保険事務組合への事務委託の内容

労働保険事務組合では、

・労働保険(雇用保険・労災保険)の加入手続
・保険料の申告・納付に関する手続
・雇用保険の被保険者に関する手続

など、事業主の方の事務代行をします。
商工会は、厚生労働大臣の認可を受け、労働保険事務組合として、責任をもって事務処理を行ってます。
■次のようにお考えの事業主の方は、事務委託をお勧めします!!

・事務手続がわからない
・人手不足で事務処理をする余裕がない
・関係官庁に出かけるのが面倒だ
・労働保険の年度更新手続きが難しい
・事業主及び家族従事者も加入したい
・常時使用する労働者がいれば委託できます。(業種により人数制限があります。)

■事務委託のメリットは?

・事務組合が一括して事務処理をしますので、事業主の事務が軽減されます。
・概算保険料を3回に分割納付することができます。(7月10日、11月14日、2月14日の3期)
・事業主(法人は役員)、家族従業員も労災保険に加入することができます。

ご相談・お問い合わせは、北名古屋市商工会 TEL (0568)25-0001)へ